SUPER KICK S-1頂上会女子柏原仁美デビュー戦ドロー

f0167951_1841594.jpg

f0167951_18415949.jpg

4月12日京橋・松下IMPホールで開催されたプロ・キックボクシング興行「SUPER KICK S-1」に頂上会女子選手の柏原仁美がデビューしドローだった。試合の二日前に肩を脱臼しドクターストップが掛かっていたがプロの試合だと言う事で私は無理に出させた。当日も医師に来て貰いガチギチにテーピングで肩を固定した。怪我をした方の手では一発もパンチを出せなかった。リズムが掴めずドローだった。しかし負けてはいない。私は片手でも良くやったと思う。出場辞退を聞いた時私は「これを試練だと思って乗り越える様に,勝ち負けよりも試練を乗り越える事をテーマとするように」とアドバイスした。実際あそこまで戦えるとは思わなかった。出場辞退から逃げずにリングに上がり最後迄戦った仁美ちゃんを褒めて上げたい。これで一つ試練を乗り越えれたと思う。良く頑張った!仁美ちゃん!
[PR]

by cyou-jou | 2009-04-12 18:41  

<< SUPER KICK S-1 ... 日本オリンピック委員会から委託状 >>